サプリメントで関節痛を改善|普通の人よりも膝に負担がかかる

ドラッグ

骨が痛む原因とは

膝を押さえる

骨が変形することも

関節痛になる原因は、変形性膝関節症、痛風、関節リウマチなどがあります。変形性膝関節症は膝関節の間の軟骨がすり減ったことで関節炎を起こし骨が変形したりする病気です。痛風は足の親指の関節に激痛が起こることが多く、膝や足首などにも症状があらわれます。関節リウマチは手足や全身の関節が痛んだり腫れたりします。症状は慢性化しやすく関節が変形してしまったりします。関節痛の病気の中でも特に関節リウマチは時間をかけて全身に症状が広がっていきます。骨が変形するだけでなく血管に炎症が起き心臓や肺、目などにも影響を及ぼし、貧血の症状も起きます。これらの関節痛はクリニックでは薬物療法、理学療法、運動療法などの治療法で改善していきます。

グルコサミンが効果的

関節痛は、関節に有効な成分をサプリメントで補うことで予防や改善をすることが出来ます。有効な成分はグルコサミンで関節の間のクッションの役割をする軟骨の働きを助けたり生成にも役立ちます。コンドロイチンは関節を保護し、栄養を届ける役割を果たします。ほかにも保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸などがあります。関節痛のサプリメントで一番多いのがグルコサミンを主体としたものです。グルコサミンのサプリメントはエビやカニの甲殻類から抽出したものと、とうもろこしなどの植物から抽出したものがあります。甲殻類のアレルギーのある人のために植物由来のグルコサミンが開発されました。グルコサミンのサプリメントは含有量やほかに配合されている成分を調べてから選ぶことをおすすめします。